人妻裏バイト20 ― わかな 21歳 OL

人妻裏バイト20
人妻裏バイト20
収録時間:51分
名前:わかな 21歳 OL
サイズ:T--- B--(-) W-- H--
「生活費が欲しいです」AV出演の動機を聞かれてそう答えた彼女の表情は不安げで、出演を後悔しているように見えた。しかし、抑えながらもはっきりとしたその口調には、おそらく本人が悩みぬいて決断したのであろう強い「意思」が感じ取れた。その表情の割には、それほど深刻な理由での出演ではない。生活費。彼女は既婚。そして共働きだ。地方のOLで少ない給料とは言え、独身で家族を養っている家庭に比べると遙かに余裕があるハズ。本当の理由はそう、自由にできるお金。まだ新婚ほやほやの結婚一年目で夫を差し置き、AVに出演するほどの理由とは思えない。察するに、深くは考えてはいないのだ。自分のことが第一。カメラを前にした彼女は、始終自分が映っていることに恥ずかしがる。顔を、胸を、陰部を映されることに異常なほど抵抗する。今まで撮影してきた素人の中で一番凄い。その割に夫を裏切って浮気していることを指摘してもあっけらかんとしている。彼女はコンプレックスの塊。そしてそんな自分が可愛くて可愛くて仕方が無いのかもしれない。あまりにも抵抗が酷くて多少うんざりしてしまったが、AVとしてはこちらのほうが興奮する。彼女がシャワーを浴びている間、ずっと彼女の夫のことを考えていた。顔も名前も知らないが、今撮影してる映像を見てどう思うのだろう。泣くだろうか。彼女と付き合いが長いのなら案外冷めているのかもしれない。体験人数20人。最初は恥ずかしがっていたが、誰にでもそうなのだろう。あれはただのポーズだ。そこそこの無茶にも慣れている筈。シャワーから出てきたら、あの新婚の人妻を思う存分ハメやろうと思った。
人妻裏バイト20人妻裏バイト20
人妻裏バイト20人妻裏バイト20
人妻裏バイト20
カテゴリ:ハメ撮り独占配信スレンダー

人妻裏バイト19 ― みさきさん 27歳 主婦

人妻裏バイト19
人妻裏バイト19
収録時間:60分
名前:みさきさん 27歳 主婦
サイズ:T--- B--(-) W-- H--
人妻って結構ありなのでは?と最近はよくそう思うことが増えてきた…!私にそう思わせてくれたのが今回エッチなアルバイトに来てくれたミサキさん(27歳)だ。ミサキさんはどこにでもいそうなちょっと可愛らしい人妻なんですけど、そんなミサキさんの魅力に惹かれてしまったのだ…。ミサキさんが今回のアルバイトに何故応募してきたかというと、最近旦那が忙しくて(単身赴任などで)なかなか一緒にいられる時間が少ないとか?ミサキさんは結婚するにあたって子供も欲しいからと仕事もやめて専業主婦になったそうです、しかし旦那は単身赴任などでエッチの回数も少なく子供もできずのまま、そんな時にこのアルバイトを見つけたそうです。ミサキさんはもともとエッチは大好きだったらしく、エッチが少ない生活にちょっと刺激が足りなかったみたいですね!そんなミサキさんは全身性感帯でイヤらしい手つきで触れれば「やばい」と吐息を漏らすくらい。耳の穴だけで既にミサキさんは気分ムンムンっぽいです、おもわず「ここ、アソコの穴じゃないよね?」ってと言ってしまったくらい!しかも撫でられるのは好きという事なので触ってるだけでもだいぶ満足そうなミサキさん!中でも腰は一番感じるらしく服の上からでも「やばい」らしいです!!身体をイヤらしく撫で回すだけで既にマ○コはヌレヌレ状態みたいですね!旦那さんの為だけにいつもは開く股を私の前でもすんなりと股を開いちゃって、旦那さんには申し訳ないけどミサキさんを放置した旦那さんが悪いんですからね?と思いつつもミサキさんの身体中を愛撫する私。愛撫されて感じる姿が人妻の色気を引き立てます。我慢できずにフェラもしてもらったのですが、さすが人妻!?どことなく厭らしさを感じてしまいました。フェラをしてもらってたらミサキさんのマ○コは既にヌレヌレのネバネバで入れる準備はばっちり!「旦那さん、あなたが悪いんですよ!!」と思いながらも私の腰の動きは止まらず、ミサキさんも自分から腰を始末で…最後はお腹の上に大量射精しちゃいました。ミサキさんも「きもち、良すぎましたぁ」とだいぶ満足していただいたみたいでとても良かったです。皆さんもミサキさんのエッチで人妻の魅力を感じちゃってください。
人妻裏バイト19人妻裏バイト19
人妻裏バイト19人妻裏バイト19
人妻裏バイト19
カテゴリ:人妻ハメ撮り独占配信

人妻裏バイト18 ― 凛子 24才 主婦

人妻裏バイト18
人妻裏バイト18
収録時間:44分
名前:凛子 24才 主婦
サイズ:T--- B--(-) W-- H--
僕の性奴隷を紹介します。スタイル抜群、容姿端麗、少し落ち着いた雰囲気の若妻「凛子さん」です。出会いは某有名SNSサイト、僕の趣味である陶芸コミュニティで仲良くなりました。最初は陶芸の事を質問したり、軽い陶芸ジョークを言い合うだけの関係だったのですが、次第にウマが合うようになり、個人的にメッセージのやり取りをするようになりました。話をしているうちに凛花さんは、お金持ちの男性と結婚していることを知りました。少しだけ期待していた部分もあったので、僕は少し落ち込みましたが、そもそも仲の良い陶芸友達が欲しかっただけなので、そのままの関係を保つことにしました・・・。凛子さんが陶芸を始めたきっかけは、専業主婦としての生活に潤いが欲しかったのだそうです。とても仕事熱心な旦那様がいるので、凛子さんは専業主婦として家を守ることを選びました。しかし、主婦を始めて1年くらいが経ったころ、旦那様の仕事が多忙になり、家にいる時間が極端に減りました。独りで家にいる時間が増えた凛子さんは、自分の生活に窮屈さを感じ始めました。帰りが遅い主人を待ちながら過ごす日々は、彼女にとって苦痛でしかなかったのです。そしてたまたま見ていたドラマで陶芸教室というものを知った凛子さんは、自分も趣味を持とうと陶芸を始めることにしました。陶芸を始めたいと旦那様に言うと、一つ返事でOKがでました。凛子さんをずっと独りにしていた罪悪感があったのでしょう。それからというもの凛子さんは陶芸にのめり込みました。そして陶芸仲間を増やしたいと思い、コミュニティに入ったのでした。・・・そんな経緯を聞いていたら、凛子さんのことをもっと知りたいと思うようになってしまいました。それからというもの毎日のようにメッセージを返すようになり、それが日常になりつつありました。そんなある日、凛子さんのほうから「オフで会いたい」というメッセージがきました。他人の奥さんと会うということに少しは罪悪感はありましたが、僕の凛子さんに会いたい気持ちは抑えられませんでした。そして実際に会う当日、僕は最寄り駅から4駅ほど離れた繁華街で凛子さんと会うことになりました。お酒を飲みながら話したいとの事でしたので、僕は行きつけの陶器がたくさん使われている料理屋にいくことにしました。凛子さんは僕が思っていた通りの、綺麗で艶やかな雰囲気を持つ女性でした。本人に会ったら増々僕の気持ちは抑えることができずになりました。そして酔った勢いでキスをしてしまいました。さすがにもうこの関係は終わりかな、と諦めましたが、意外や意外、凛子さんのほうからもう一回口付けを交わしてきました。僕は驚きと感動と興奮で理性を忘れ、そのまま凛子さんをホテルに連れこんでしまいました。ベッドの中の凛子さんは普段からは想像出来ないほど乱れ、腰をくねらせ、とてもエロく、僕はそのまま何回も果ててしまいました。それからというもの、凛子さんとは月に2、3回会う関係になりました。そして毎回、理性を忘れお互いを求め合うようになりました。今回はたまたま遊びで撮った凛子さんとの映像を皆様に見てもらおうと思います。僕の性奴隷と化した凛子さんを存分に堪能してください。
人妻裏バイト18人妻裏バイト18
人妻裏バイト18人妻裏バイト18
人妻裏バイト18
カテゴリ:人妻ハメ撮り独占配信美脚

人妻裏バイト17 ― 三浦亜矢 28才 専業主婦

人妻裏バイト17
人妻裏バイト17
収録時間:44分
名前:三浦亜矢 28才 専業主婦
サイズ:T--- B--(-) W-- H--
お小遣い欲しさと、欲求不満解消の両方を兼ねて撮影にきた三浦亜矢28歳。肌理細やか白い肌にFカップ、締まるところは締まっているスタイル抜群な亜矢だが、実は人妻であり、一児の母でもある。外見はとても若く見え、子育てと家事に追われる主婦とは到底思えない艶やかさを持っている。なぜそんなに綺麗でいられるのかを聞いてみると「SEXが好きだからかなぁ」と呆けた声で話す。旦那がいても他の男と関係を持つのに抵抗を感じないらしく、昔付き合っていた彼氏やセフレと時間を合わせ、よくハメに行くのだという。趣味は料理で、リクエストがあれば何でも作れるのだと自慢気に話す。子供を溺愛しており、「自分の服よりも子供の服を買うことが楽しくてしょうがない」と母の顔というよりは、おもちゃを与えられた子供のようにニコニコと話す。かわいい子供服をみるとつい子供に着させたくなるので、たまたま今月はちょっと予定より額をつかってしまった。どうしよっかなぁなんて軽く悩んでいたところでこの撮影を知ったらしい。もともとエッチなことに抵抗はないし、時間もあったし、ちょっとお小遣い欲しいし、ちょうど良いかなぁ。なんて軽い気持ちのまま撮影にきたらしい。おっさんのハァハァという興奮した吐息が終始聞こえるのは相当ウザいが、これは興奮度が最高潮に達した証と取って頂きたい。本物の変態でも思わず興奮してしまう映像、というわけだ。洗練された確かな美貌とスタイル、若妻ならではの艶めかしさ、そしてSEXが大好きな女が見せる濃厚なフェラチオと責め。いいところを丁度持ち合わせている28歳という熟れ始めの果実。是非堪能して頂きたい。最後に、今回の撮影で得たお金は何に使うのか聞いてみると「もちろん、子供の洋服代にあてる」と嬉しそうに語っていた顔が印象的だったが、こんなことで稼いだお金で買ってもらった服を着せられる子供はなんて思うのかな(笑)
人妻裏バイト17人妻裏バイト17
人妻裏バイト17人妻裏バイト17
人妻裏バイト17
カテゴリ:人妻尻フェチハメ撮り独占配信巨乳

人妻裏バイト13 ― あゆ 24才 パートマッサージ師

人妻裏バイト13
人妻裏バイト13
収録時間:32分
名前:あゆ 24才 パートマッサージ師
サイズ:T--- B--(-) W-- H--
よく客に「スケベそうな顔」と言われるのが悩みの種だというマッサージ師のアユさん。エッチなマッサージ店ではないのに客からのセクハラが耐えないらしいが、インタビューの言動から見てもなんとなくエロい雰囲気を醸し出しており、フレンドリーさから多少触っても大丈夫だろうと客に思われてしまっているのではないだろうか。2年前に結婚するも旦那の稼ぎに満足できず、私物の購入費を稼ごうと働き始めたようだ。普段は同僚と遊んだり、服を買うくらいで満足していたが、雑誌でたまたま目にしたセットアップに惚れ込んでしまいどうしても欲しくなってしまった。職場は私服出勤なので着ることなどそう無いのだが、受注生産で買うチャンスは今しか無い。値段は、内緒の貯金を全て引き出しても足りない程だったが、どうしても欲しくなると手に入れないと気が済まない性格らしく、無理をしてでも買うことを決意したという。しかし借金には諸事情で抵抗があるらしく、大人のお仕事を調べて今回応募することとなった。初体験は中1で、2つ上の受験目前ながらマ○コが頭から離れない病を患ったセンパイに言い寄られ、相手の自宅でしてしまったそうな。帰りの自転車のサドルに座ることが出来ず、難儀したのがほろ苦い思い出のようだ。しかし今となってはセックスは大好きで、入社したばかりで慣れない仕事に疲れた旦那と週3で致してしまう程で、今回のように知らない男とするのは初めてらしいが精神的な面で特に抵抗はないらしい。その割に経験人数3人と極端に数が少ないのは、節操を守って彼氏としかしないとルール決めをしていたからなのだが、それが破られた今、これから先のことを考えると頼もしい限りで、工夫を凝らしながらも初々しさの残るフェラが旦那の知らないところでどのように変化してくのかが楽しみだ。
人妻裏バイト13人妻裏バイト13
人妻裏バイト13人妻裏バイト13
人妻裏バイト13
カテゴリ:ハメ撮り独占配信スレンダー色白

人妻裏バイト11 ― りんか 23才 花屋

人妻裏バイト11
人妻裏バイト11
収録時間:41分
名前:りんか 23才 花屋
サイズ:T--- B--(-) W-- H--
数年前、まだ結婚する前に某○○○会社に働いてた頃、定期的に開く飲み会にその日は参加しました。ある程度、お酒を飲み始めると常務が隣に座りにきて、やたらとからんできました。普段からいやらしい事ばかり言ってきますが、お酒がはいるとさらにひどく、耳元で「欲情してきた」とか「おっぱい触っていい?」とか言ってきます。仕事はできる人だけど、高圧的で誰も逆らえないような感じの人でした。皆にわからないようにこっそり太ももとか腰とか触ってきて、さらに自分のモノも触らせようとかしてきます。その飲み屋は個室の掘りごたつみたいなテーブルだから、最初は周りに見えないようにスカートのなかに手を入れ、触ってきました。すごく不愉快なので、きわどくなるとすぐにトイレにばかり行って逃げてました。多分、この事は他の従業員も気づいています。時間もいい時間になってくると、結婚してるパートの女の人はみんなどんどん帰っていきましたが、私はなかなか帰してもらえずに、最終的に女は私だけになってしまいました。そうなると常務はますます大胆になって、スカートをたくし上げて、下着の上をまさぐってきました。私もそこそこお酒を飲んでしまっていたので、次第に変な気分になってきて、頭がクラクラしてしまい、すごくエッチなことばっかり考えてしまっていました。常務のしてる事は周りの男従業員達も気付いてるから、話の話題もそっち方向に行って、私の胸のサイズを当てるゲームが始まり、当たった人は後ろから私の胸を揉めるとか勝手に常務が提案してきました。結局、6人中3人が私の胸をセーターの上から笑いながら揉んできました。常務は私を後ろからだっこする格好になって、女の胸はこうやって揉むんだとか言って下から持ち上げるように揉んできたり、それを皆がはやしたり、口笛を吹いたりしていると常務は調子に乗って、私のセーターをたくしあげてきました。嫌がってもさすがに男の人の力には敵わないので、どうしようもできませんでした。お酒がまわって力が入らない私はブラだけの格好で常務に胸を揉まれはじめ、常務が左手を乳首をつねるように動かすと、我慢していた声がでてしまいそうになりました。しばらくしてようやく、お店のラストオーダーの知らせがきて、やっと私は解放されて飲み会はお開きになりました。これは宴会のお遊びだからと常務が下手な言い訳をしていました。みんな、ニヤニヤしながら私を見ながら帰っていきました…。
人妻裏バイト11人妻裏バイト11
人妻裏バイト11人妻裏バイト11
人妻裏バイト11
カテゴリ:ハメ撮り独占配信

人妻裏バイト9 ― ともみ 23才 専業主婦

人妻裏バイト9
人妻裏バイト9
収録時間:53分
名前:ともみ 23才 専業主婦
サイズ:T--- B--(-) W-- H--
彼女が結婚したのは18の時だった。それを羨ましがる友人も居た。そしてそれと同時に、「私はまだ遊びたいから暫く結婚はいいや」と言う友人も多く居た。だが、そんな周囲の発言も彼女にとってはどうでも良かった。彼の事が大好きだったのだ。ずっと生まれ育った東京を離れ北海道へ行く事も、不安よりも新しい生活の中で大好きな人と生活していける事を楽しみに思っていた。雄大な自然に囲まれながら田舎でのんびり暮らす。雪もろくに降らない都会で育った彼女にとっては、未知の世界だった。実際に引っ越してみると、北海道での生活はやっぱり楽しかった。冬には見たことが無いほどの雪が降った。輝く銀世界の中で夫と二人、雪合戦をした。彼女の投げた球が夫の顔に当たる。そして夫も負けじと投げ返す。こんなに子供のように遊ぶのは彼女にとってすごい久しぶりだった。楽しくて仕方が無かった。結婚して良かったと心から思った。だが、そんな日々も長くは続かなかった。友達もいない。良く行っていた109も無い。車が無ければ何処へも行けない。東京育ちの彼女に北海道のゆったりした土地柄は刺激が少なすぎたのだ。今の生活が退屈でつまらなかった。気づけば夫へは八つ当たりの毎日。次第に二人の関係も、うまく行かなくなっていた。毎日毎日真っ暗な家庭。笑顔も笑い声も無い。少し前までは、あんなに楽しかったのに・・・彼女は不安だった。考えてみると夫から、心を揺さぶられるような優しい言葉はもう何ヶ月もかけてもらった事が無い。仕事はずっと真面目で生活で苦しまされたことは無かったが、いつか私は捨てられてしまうんじゃないかと思った。それでもこんな状況を作ってしまったのは自分に原因があるんだと思い、夫に歩み寄ろうとした。楽しい話題で話しかけてみた。一段と手をかけて、料理を作ってみた。だが・・・時はすでに遅かった。夫は以前のようには接してくれなかった。色々考えた数日後、「私達 一緒に居て良い事無いような気がしない?」自分から切り出した。二人は別居することになった。数年ぶりの東京での生活。彼女の心は弾んでいた。ここには何でもある。やりたい事は、何でもできる。せっかく夫から開放されたのだ。いろんな経験をしたいと思った。そうして彼女はこのビデオに出る事を決めたのだった。クリトリスが感じやすいと云う彼女。私の見たところエッチは相当好きそうだ。今日はどんな絡みを見せてくれるのか、楽しみである。
人妻裏バイト9人妻裏バイト9
人妻裏バイト9人妻裏バイト9
人妻裏バイト9
カテゴリ:人妻独占配信スレンダー
最新記事
カテゴリー
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
相互リンク
風俗体験談DB
素人大全集
アダルトブログランキング